>

占いの種類と方法を比較

占いにも種類がある?本当に当たる占いはどれ?

古来より伝わる占いとは?

やっぱりタロットが根強い人気

占いと聞くとタロットカードをイメージする方は多く、且つ近い未来を占う事が出来る点が人気を呼んでいます。

ちなみにタロットカードというのは78枚のカードで構成されていて1枚1枚に意味があり、見ているだけで楽しめるのもポイントです。当然カードの意味を調べていくと、より占いの楽しめる様になっています。人間関係や恋愛・仕事など多くの悩みに対応しているのはもちろんですが、カードを引くだけという手軽さも人気を得ているポイントです。

実際に自分でカードを引くタロット占いもありますが、近年ではアプリを使ったタロット占いや電話占いの一環で占い師がタロットカードを代行して引いてくれるなど、臨機応変な対応をしやすいのもタロットが人気を呼ぶ理由では無いでしょうか。

手相や風水も侮れない

住宅を建築する時や引越し、インテリアを配置する時に「風水」という言葉を聞く事はありませんか?

風水は元々古代中国で考えられていた思想で、方角や位置で吉凶が決められるというものです。天・地・人の3つがうまく調和する事で、運気があがるといわれていて、その人が生まれ持った才能やスキルでは無く、それを方角や位置でサポートして良い方向へ導いてくれます。タロットの様に何度も行うものではなく、欲しい運(仕事運や恋愛運など)を得られる様に占い、そのお告げ通りの環境を整えるだけで良いです。

手の表面のシワや形で占い手相は、手と知識があればどこでも出来るので老若男女から支持を得ている占いです。タロットや風水、占星術など膨大な知識が不要なのも愛される理由です。


このコラムをシェアする