占いの種類と方法を比較

占いにも種類がある?本当に当たる占いはどれ?

人気のある占いをピックアップ

歴史上の人物が国の行方について、占いを使って決めていた。または王族選任の占い師が存在したなど占い師は古くから存在し、時には大きな決定権を持っていた事もあります。日本人は特定の宗教信仰をしない無宗教が多いとされていますが、神道をベースにした考えが根付いていて信心深い民族だと言われています。

そんな日本で占いが生まれたのは200~300年辺りで、有名なのは邪馬台国の女王であった卑弥呼です。卑弥呼は今で言う「神様のお告げ」を聞き、国の統治に使っていました。卑弥呼は最古の霊媒占いを行う人間で、現代も霊媒占いは盛んに行われています。300年を過ぎた辺りから亀の甲羅を使った占いがトレンドになり、この占いで自分の職業を決める事もありました。この時期から貴族の間では占いが当たり前になり明日の天候や、吉凶日を決める事もありました。

平安時代になると陰陽師が登場し占いがより身近なものになりました。陰陽師が使っていた易占いは中国から渡ってきた風水をベースにしたものです。またこの時代は安部晴明が登場したことで、陰陽寮は常に多くの人で賑わっていました。明治時代になると海外からの文化を積極的に取り入れる事で、占いもグローバル化していきました。

その占いが少しずつ形を変えていきながら、現代の占いが作り上げられました。そんな古くから私達に寄り添ってきた占いですが、様々な種類や方法があります。今まで占いをしてもらった事が無い方は必見の情報です。

おすすめリンク

霊視占い実際にやってみた

当たるも八卦当たらぬも八卦の占いで実際に霊視占いで運勢を占ってもらった人の体験談。